NY株4日続伸、60ドル高 7カ月ぶり高値、IT主導

 ニューヨーク証券取引所=2014年2月

 【ニューヨーク共同】29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、IT株が相場全体の上げを主導して4営業日続伸し、前日比60・55ドル高の2万6124・57ドルで取引を終えた。2月1日以来、約7カ月ぶりの高値水準。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は79・65ポイント高の8109・69と続伸。幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数も16・52ポイント高の2914・04と続伸し、いずれも4営業日連続で過去最高を更新した。

 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡る米国とカナダの協議がまとまることへの期待感が広がり、幅広い銘柄が買われた。

共同通信社 2018年8月30日 無断転載禁止