島根県立大 他の大学院開設も検討 学長「質高い人材育成する」

大学院看護学研究科の博士後期課程開設を発表する清原正義学長=出雲市西林木町、島根県立大出雲キャンパス
 島根県立大の清原正義学長は29日、出雲キャンパス(出雲市西林木町)に大学院看護学研究科の博士後期課程を2019年4月に開設すると発表し、質の高い人材育成を進めるため、他学部他学科についても今後、大学院開設を検討する考えを示した。

 同大は出雲(看護栄養学部)のほか、松江(人間文化学部)、浜田(総合政策学部)の3キャンパスに計3学部5学科、1短期大学部がある。大学院は出雲の看護学研究科のほか、浜田の北東アジア開発研究科に博士課程を設けている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月30日 無断転載禁止