男子400メートルリレーで金 陸上・30日

 男子50キロ競歩 笑顔でゴールする優勝した勝木隼人=ジャカルタ(共同) 男子400メートルリレーで優勝し、笑顔を見せる(右から)山県、多田、桐生、ケンブリッジ=ジャカルタ(共同)

 陸上男子400メートルリレー決勝で日本(山県、多田、桐生、ケンブリッジ)は38秒16をマークし、5大会ぶりに金メダルを獲得した。同1600メートルリレーの日本(ウォルシュ、小池、安部、飯塚)は3分1秒94で銅メダル。

 女子400メートルリレーの日本(御家瀬、市川、世古、青木)は5位。同1600メートルリレーの日本(川田、北村、宇都宮、塩見)も5位だった。

 男子1500メートル決勝で館沢亨次(東海大)は9位だった。

 男子50キロ競歩で勝木隼人(自衛隊)が4時間3分30秒で優勝し、来年の世界選手権代表に決まった。

共同通信社 2018年8月30日 無断転載禁止