金足農野球部に県民栄誉章へ 表敬訪問、秋田県知事が表明

 秋田県の佐竹敬久知事(前列右から4人目)を表敬訪問し、記念写真に納まる金足農の選手ら=30日、秋田市

 夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した金足農(秋田市)の選手や監督が30日、秋田県の佐竹敬久知事を表敬訪問し、応援に感謝を述べた。佐竹知事は「県民に、夢や感動、希望を与えてくれた」として、同校の野球部に県民栄誉章を授与すると明らかにした。

 佐々木大夢主将は「甲子園に行く前の表敬訪問で『秋田県を盛り上げたい』と言ったが、有言実行できた。秋の国体では大阪桐蔭を倒して優勝したい」と抱負を述べた。

 金足農は公立農業高で、出場選手全員が地元出身。秋田県勢では103年ぶりの準優勝で、地元や農業関係者らの共感を呼んだ。

共同通信社 2018年8月30日 無断転載禁止