総務省、電波価格競争最優先せず 政府の規制会議に反論

 総務省の有識者懇談会は30日、電波制度改革で、事業者に周波数を割り当てる際に電波オークションなどで価格競争を最優先する制度の導入を見送る提言をまとめた。7月に提言案を公表し、政府の規制改革推進会議から価格競争が働かないと批判されたが、大幅な修正は加えなかった。

 総務省は昨年、規制改革会議から電波割り当てで価格競争の強化を求められ、検討を進めてきた。提言では通信会社やテレビ局などの事業者に入札価格の提示を求める。事業内容や技術力のほかに提示価格も審査基準に加えるが、価格だけで決める電波オークションの導入は見送った。数日中に最終報告書を公表する。

共同通信社 2018年8月30日 無断転載禁止