女性就業最高、7割迫る 7月労働力調査、総務省

 東京・丸の内で出勤する人たち=9日

 総務省が31日発表した7月の労働力調査によると、15~64歳の女性に占める就業者の割合が69・9%となり、比較可能な1968年以降で最高だった。景気回復による企業の採用意欲の高まりなどで働く女性が増えたことが要因とみられる。男性の就業率は83・7%。

 有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0・01ポイント上昇の1・63倍。完全失業率(同)は前月比0・1ポイント上昇の2・5%で、2カ月連続で悪化した。

 女性の就業率を年代別に見ると、15~24歳や60~64歳で大きく増えた。総務省は、アルバイトや定年後の再雇用で就業者が拡大したことが影響したと分析している。

共同通信社 2018年8月31日 無断転載禁止