桐生一、野球部監督を解任 99年全国制覇、近年は不振

 群馬県桐生市の私立桐生第一高が、野球部創部以来30年以上監督として部を率い、1999年の全国高校野球選手権大会を群馬県勢として初めて優勝に導いた福田治男監督(56)を交代させることが31日、分かった。同校は「総合的な経営判断」と説明しており、事実上の解任とみられる。

 野球部は夏の甲子園では2008年を最後に出場できないなど成績不振が続き、8月には部長も体罰問題で解任された。同校は30日に保護者会を開き、監督と部長の交代を説明。後任にはそれぞれ現在のコーチが9月1日付で就任する。

 福田監督は桐生市出身。

共同通信社 2018年8月31日 無断転載禁止