二階氏、王副主席と会談 首相10月訪中へ地ならし

 中国の王岐山国家副主席(右)と会談する自民党の二階幹事長=31日、北京の中南海(共同)

 【北京共同】中国を訪問中の自民党の二階俊博幹事長は31日午前、北京の中南海で、王岐山国家副主席と会談した。今年は日中平和友好条約締結40周年の節目。10月下旬に見込む安倍晋三首相の訪中実現へ地ならしを図る。その後、習近平国家主席の来日も実現させ、両国首脳の相互往来につなげる考えだ。

 会談で二階氏は「長きにわたって日中友好に尽くしていただき、お礼申し上げる」と述べた。王氏は「中国共産党と自民党の交流が非常に大事な時期だ」と語った。

 王氏は習氏の盟友として知られ、今年3月に国家副主席に就任。5月にはロシアで安倍首相と立ち話をした。

共同通信社 2018年8月31日 無断転載禁止