熊谷ラグビー場の改修完了 埼玉、W杯に向け座席増

 大規模改修工事を終えた埼玉県営熊谷ラグビー場=31日午前、埼玉県熊谷市

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の会場の一つとなる埼玉県営熊谷ラグビー場(同県熊谷市)が31日、大規模改修工事を終え、報道関係者に公開された。

 16年12月から約124億円をかけ、座席数を約1万5千席増やして約2万4千席とした。メインスタンドの客席勾配は最大35度で、フィールド全体を見下ろせる。ピッチをかさ上げして客席との距離も縮め、迫力あるプレーをより間近で見ることができる。

 VIPルームや、グループで観戦できる個室席、人工芝を張ったウオーミングアップ室も披露された。

 改修後最初の試合は、10月20日開催のトップリーグとなる。

共同通信社 2018年8月31日 無断転載禁止