リレー金、山県「実感わいた」 アジア大会陸上代表が帰国

 ジャカルタ・アジア大会から帰国し、取材に応じる陸上男子400メートルリレーの(左から)ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀、多田修平、山県亮太=31日、成田空港

 ジャカルタ・アジア大会の陸上男子400メートルリレーで金メダルを獲得した山県亮太(セイコー)、桐生祥秀(日本生命)ら陸上の代表選手が31日、成田空港に帰国した。日本選手団主将でもある山県は「目標にしていた金メダルを取れて、こうして出迎えてもらってすごく実感がわいた」と笑顔を見せた。

 山県は男子100メートル決勝で日本歴代2位に並ぶ10秒00を出して3位に入った。リレーでは「1走の中で普通に走れば負けることはないと思った」と話す充実ぶり。リレーのみの出場だった桐生は「しっかり日本に金メダルを持って帰ろうという気持ちだけだった」と語った。

共同通信社 2018年8月31日 無断転載禁止