吉賀の健康増進施設 ゆ・ら・ら 経営難で指定管理者撤退

 島根県吉賀町有飯の町有健康増進施設「むいかいち温泉ゆ・ら・ら」の指定管理者・休暇村サービス(東京都)が契約期間を残して11月末に撤退することを町が31日、町議会全員協議会で明らかにした。恒常的な経営難に加え、西日本豪雨による利用客減が響いた。町は温泉部門は第三セクター・サンエム(吉賀町六日市)に業務委託し、営業を継続する方針だが、宿泊と飲食部門は休止し、後任の管理者を決めた上で2019年4月の運営開始を目指す。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年9月1日 無断転載禁止