ベニズワイガニ漁解禁 境漁港で出漁式 家族ら無事祈り見送る

園児や家族らに見送られ、漁場に向かうカニかご漁船=鳥取県境港市昭和町、境漁港
 9月1日にベニズワイガニ漁が解禁となるのを前に、漁に従事するカニかご漁船の出漁式が31日、鳥取県境港市昭和町の境漁港であった。船員が豊漁を目指し10隻の船にそれぞれ乗り込み漁場へ向かい、家族らは操業の無事を祈り見送った。

 同港を拠点とするカニかご漁船は鳥取、島根、新潟3県の11隻。漁期は9月から翌年6月までの10カ月間で、資源量に基づく今季の漁獲上限は8948トン。昨季(2017年9月~18年6月)の水揚げ量は前年同期より17.2%減の6445トントンにとどまったが、水揚げ金額は13.2%増の37億2800万円と伸びた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年9月1日 無断転載禁止