旧三江線沿線と三瓶山エリア 広域観光推進へ協議会 島根県と5市町

 JR三江線廃止後の江の川下流域と三瓶山エリアの広域観光を推進するため、島根県と県内の関係市町、各観光協会が協議会を立ち上げた。地域の観光振興のかじ取り役となる「地域版DMO」の創設を視野に入れた準備組織で、2018年度から3年間をめどに、観光関連の民間団体を交えて研修やツアー造成の実践を重ね、担い手を育成し、持続可能な観光客の受け入れ態勢の構築を目指す。

 県と江津、川本、美郷、邑南、大田の5市町、各観光協会で構成する「江の川流域・三瓶山エリア広域観光連携推進協議会」(会長・木次淳島根県観光振興課長)で、事務局は川本町観光協会に置く。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年9月1日 無断転載禁止