収監中の元大統領の立候補認めず ブラジル、10月に大統領選

 元ブラジル大統領のルラ被告(ロイター=共同)

 【リオデジャネイロ共同】10月7日実施のブラジル大統領選に出馬を届け出た、収賄罪で収監中の左派の元大統領ルラ被告(72)について、高等選挙裁判所は8月31日、立候補を認めない決定をした。各種世論調査で首位を走るルラ氏側は異議申し立てが可能だが、候補者の変更は9月17日までしか認められず、所属する労働党は時間との闘いを迫られている。

 ルラ被告は企業から便宜供与を受けたとして、ことし1月に禁錮12年1月の二審判決を受け、4月に収監された。ブラジルの法律では二審まで有罪となった場合、公職選挙への出馬が8年間禁じられる。

共同通信社 2018年9月1日 無断転載禁止