秋の香り 飯南漂う りんご園営業開始

リンゴ狩りを楽しむ来場者=島根県飯南町下赤名
 赤来高原観光りんご園(島根県飯南町下赤名)で、秋の味覚のリンゴが赤く色づき始め1日、今季の営業が始まった。来場者が芳醇(ほうじゅん)な香りが漂う雨上がりの園内を巡り、早生(わせ)の「さんさ」を味わった。

 同園は、約2ヘクタールの敷地に「つがる」「涼香の季節」など旬が異なる9種類を栽培する。9月上旬~中旬は「さんさ」が食べごろ。薄紅色で小ぶりの実をつけ、甘酸っぱくて味が濃く、人気という。来場者は雨露が滴る実を眺めながら、もぎ取って口に運んだ。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年9月2日 無断転載禁止