平成最後の夏 総決算 猛暑や豪雨 経済に影響

入荷が間に合わず「オーダー発注商品」の札が張られたエアコン=松江市乃白町、100満ボルト松江本店
 今夏は西日本豪雨に続き記録的な猛暑に見舞われた。あまりの暑さに島根県内ではエアコンやスポーツ飲料が飛ぶように売れた一方、売れ行きが鈍った一部食品も。自動車のパンクやバッテリー故障が相次いだほか、屋外のレジャーや観光の気分はしぼんだ。

 「大変な夏だった」。100満ボルト松江本店(松江市乃白町)の佐田達哉副店長(45)は、入荷待ちを示す「オーダー発注商品」の札が軒並み張られたエアコン売り場で、この夏を振り返った。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年9月2日 無断転載禁止