国民民主代表選は玉木氏優勢 津村氏は苦戦

 街頭演説で聴衆の声援に応える国民民主党の玉木雄一郎共同代表(右)と津村啓介元内閣府政務官=2日午後、東京・銀座

 国民民主党は4日、臨時党大会を東京都内のホテルで開き、新代表を選出する。選挙戦は玉木雄一郎共同代表(49)が国会議員の幅広い支持を獲得して優勢を堅持し、津村啓介元内閣府政務官(46)は苦戦を強いられている。党勢拡大策などを争点に対決する両氏は2日、東京・銀座で選挙戦最後の街頭演説に臨み、支持を訴えた。

 玉木氏は8月22日の代表選告示前から立候補に必要な推薦人を順調に確保した。津村氏は推薦人集めが難航し、その後も玉木氏ら執行部の総入れ替えを求める主張が党員らに浸透していると見る向きは少ない。

共同通信社 2018年9月2日 無断転載禁止