野球、アジア選手権が3日開幕 U18、高校日本代表が参戦

 U18アジア選手権に向けた練習のため、球場入りする吉田(手前)ら高校日本代表の選手=サンマリン宮崎

 野球の18歳以下によるU18アジア選手権が3日、7カ国・地域が参加して開幕する。今夏の甲子園大会に出場した選手を中心とする高校日本代表の中川卓也主将(大阪桐蔭)は「連覇できるチャンスを生かして、必ずアジアのナンバーワンになりたい」と意気込んだ。

 大会は2組に分かれて1次リーグを実施。2次リーグを経て、9日に決勝と3位決定戦を行う。日本は3日に香港、4日にスリランカ、5日に韓国と対戦する。

 試合は指名打者制で、延長戦は無死一、二塁から打順を継続して実施。50球以上は中1日、105球以上は中4日投球不可などの投球制限がある。

共同通信社 2018年9月2日 無断転載禁止