バドミントンの永原、松本組がV スペイン・マスターズ

 バドミントンのスペイン・マスターズは2日、バルセロナで各種目の決勝が行われ、女子ダブルスで世界選手権を制した永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が、桜本絢子、高畑祐紀子組(ヨネックス)を2―0で下し、優勝した。

 女子シングルスの三谷美菜津(NTT東日本)はデンマーク選手に2―1で逆転勝ちした。(共同)

共同通信社 2018年9月2日 無断転載禁止