テニス、ナダルとティエムが8強 全米第7日、女子単セリーナ勝つ

 男子シングルス4回戦でニコロズ・バシラシビリを破ったラファエル・ナダル=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第7日は2日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス4回戦で2連覇を狙う第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)がニコロズ・バシラシビリ(ジョージア)を6―3、6―3、6―7、6―4で下した。

 第9シードのドミニク・ティエム(オーストリア)は第5シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)に7―5、6―2、7―6で快し、初の8強進出。準々決勝でナダルと対戦する。

 女子シングルス4回戦はスローン・スティーブンス(米国)、セリーナ・ウィリアムズ(米国)らが勝ち上がった。

共同通信社 2018年9月3日 無断転載禁止