フラダンス 息ぴったり 6県47チーム参加 浜田でフェス

華麗な踊りを披露するハラウ・ナ・プア・レイ・オ・ナニカイ江津のメンバー
 中四国地区のフラダンスとタヒチアンダンスの愛好者が踊る「カ マカニ フラフェスティバル」が2日、島根県浜田市黒川町の石央文化ホールであった。47チームの約500人が練習の成果を発揮し、ゆったりとした曲に合わせて腕や腰を優雅にくねらせた。

 「カ マカニ」はハワイの言葉で「風」という意味。ダンスを通じて心地よいハワイの風を多くの人に想像してもらおうと、中四国ハワイアン協会(愛媛県松山市)が開いた。鳥取と岡山、高知を除く6県から参加があった。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年9月3日 無断転載禁止