東京円、110円台後半

 週明け3日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台後半で取引された。

 午後5時現在は、前週末比16銭円安ドル高の1ドル=110円96~98銭。ユーロは62銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円83~87銭。

 朝方は前週末の海外市場の流れを引き継ぎ、円売りドル買いがやや優勢だった。その後、米国の貿易摩擦問題への懸念によるドル売りも入り、円の下げ幅が縮小した。

 市場では「米国とカナダが休日のため総じて動きが少なかったが、米中貿易摩擦への警戒感も依然漂っている」(外為ディーラー)との声があった。

共同通信社 2018年9月3日 無断転載禁止