琴浦・公共施設の在り方 無作為抽出 町民判定人が仕分け

 鳥取県琴浦町は無作為抽出した町民を判定人として公共施設の仕分けを行う。判定人は対象施設の担当者や利用者、専門家の議論を聞いた上で施設の存廃や規模・利用方法の見直しなど、あり方を判断。町が対応方針に反映する。県内初の試みで、幅広く町民の声をくみ取るとともに、町政への関心を高めてもらう狙い。年明けの実施を予定する。

 4日開会の9月定例町議会に提出する2018年度一般会計補正予算案に事業費250万円を計上した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年9月4日 無断転載禁止