「ポスト三江線」現状リポート

 惜しまれながら3月末で運行終了したJR三江線。「さよなら乗車」で鉄道ファンが全国から殺到し、にぎわいを見せた沿線地域では今、代替バスが静かに走る。他方、廃線による地域の衰退を食い止めようと、鉄道資産を活用した観光振興への模索が続く。「ポスト三江線」の現状を現地駐在の記者がリポートする。(9月4日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2018年9月4日 無断転載禁止