新JASマークは一般投票で 農水省、3案から10月決定

 一般投票を通じ決定する新JASマークのデザイン。左からA案、B案、C案

 農林水産省は4日、現在5種類ある日本農林規格(JAS)マークのうち、3種類を廃止して新たなデザインに統一すると発表した。新マークは一般投票を通じ、桜をイメージしたものなど計3案から10月に決める。種類を絞って消費者への浸透をさらに図るほか、輸出への活用を目指す。

 投票は投票用紙の郵送やファクスのほか、農水省のホームページ(HP)でも受け付ける。期間は30日まで。

 JASマークは規格に基づく検査を合格した製品に使える。現在は円とJASの文字を組み合わせた一般的なデザインのほか、付加価値の高さやこだわりのある規格を示す4種類がある。

共同通信社 2018年9月4日 無断転載禁止