益田・馬と触れ合い楽しむ 児童や園児 餌やりなど体験

乗馬を楽しむ児童(左から2人目)
 子どもらを対象にした乗馬の体験会がこのほど、益田市高津町の市立高津小学校であり、市内の児童や保育園児ら約60人が、乗馬や餌やりなどを通して馬との触れ合いを楽しんだ。

 ホースセラピーを活用して精神障害者の就労を支援する就労継続支援A型事業所とグループホームを2019年に開設する松ケ丘病院(益田市高津4丁目)が、浜田市の施設の馬2頭による体験会を開いた。

 児童や園児らは、恐る恐るニンジンをやったり、なでたりして楽しみ、慣れると笑顔を見せた。また、児童は乗馬を体験し、馬の背中で揺れを感じながら癒やされた。

 安田小3年の伊藤彩優さん(8)は「馬に乗ると、高くて気持ち良かった」と話した。

2018年9月4日 無断転載禁止