死亡の6人中4人は男子高校生 奈良のバイク転倒事故

 奈良市の国道24号で大型バイク1台とミニバイク2台が転倒し8人が死傷した事故で、奈良県警は4日、死亡した6人のうち4人が男子高校生だったと発表した。司法解剖の結果、6人の死因は胸や頭を強く打つなどしたことによる失血死や肺挫傷などだった。

 死亡した6人のうち、1人は中学3年の女子生徒(14)だと明らかになっていたが、残る17~18歳の男性5人は4人が高校3年の男子生徒、1人が設備工事会社アルバイトの男性(18)と判明。重傷を負った女性(17)が衣料品販売店アルバイトであることも分かった。他に、中学3年の女子生徒(14)が軽いけがをした。

共同通信社 2018年9月4日 無断転載禁止