東京都と組織委「復興五輪」PR 内外メディア向けレセプション

 東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会が開いたレセプションで福島県の日本酒を試飲する海外のメディア関係者=4日夜、東京都江東区

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会と東京都は4日夜、国内外のメディアや大会関係者らを対象に都内でレセプションを開いた。「復興五輪」をPRするため、東日本大震災で被災した東北3県(岩手・宮城・福島)の復興状況についての発表もあり、参加者は熱心に耳を傾けた。

 組織委の森喜朗会長が「皆さんには競技の取材とともに、日本の多彩な魅力を発信してほしい」とあいさつ。小池百合子都知事は「大会を通じて東日本大震災の被災地の復興を後押しする」と述べた。

 吉野正芳復興相は、原発事故が起きた東京電力福島第1原発周辺でも空間線量率が減少したことなどを紹介した。

共同通信社 2018年9月4日 無断転載禁止