パナ吉川が事実上の永久追放 野球連盟、米球団契約で

 社会人野球パナソニックの吉川峻平投手

 社会人野球を統括する日本野球連盟(JABA)は5日、米大リーグ球団との契約締結などの行為で連盟規定に抵触したパナソニックの吉川峻平投手(23)を4日付で登録資格剥奪の上、再登録を認めない処分を科したと発表した。事実上の「永久追放」処分となる。

 4日の臨時理事会で決議した。プロ球団との契約締結は締結日以前に登録抹消届を提出する必要があるが、吉川は提出前にダイヤモンドバックスとマイナー契約を正式に結んだ。1月から球団スカウトと複数回接触し、入団交渉を行っていたことも処分理由となった。

 吉川は関大出の本格派右腕で2017年からパナソニックでプレー。

共同通信社 2018年9月5日 無断転載禁止