台風21号被害/高潮対策の総点検を

 台風21号によって関西空港が閉鎖に追い込まれ、利用者ら約5千人が孤立し、空港島で一晩を過ごした。経済へのダメージを避けるためにも、早期の空港再開に全力を挙げてほしい。

 1994年にオープンした関西空港は大阪府南部、泉州沖を埋め立て整備された人工島にあり、連絡橋によって対岸と結ばれている。台風によって4日、2本ある滑走路のうち陸側の滑走路などが高潮によって冠水、さらに連絡橋にタンカーが衝突して道路と鉄道が通行不能となった。

 関西空港は大阪湾での過去最高の潮位や南海トラフ巨大地震による津波にも対応できるよう対策を練ってきた。だが、今回は観測史上最高の潮位のため浸水したとされる。被害を軽減できる方策はあったはずだ。

 地球温暖化の影響もあって台風の大型化も指摘されている。今後の変化を考えれば経験値を超える可能性は想定すべきだった。護岸のかさ上げなどハード対策が十分だったのか検証が必要だ。

 さらに第1ターミナルビルの地下1階にある機械室が浸水し一部で停電が起きた。空港や駅のような交通拠点は、台風や大規模地震などの際には多くの人がとどまる避難施設でもある。自家発電装置を備え、停電はできるだけ防がなければならない。

 東日本大震災の津波で水没した仙台空港が全面復旧まで時間がかかったのは、航空灯火や施設へ電気供給する設備が浸水でダウンしたためだ。これら施設は非常時に備え、浸水の可能性がある場所は避けるべきだろう。

 今後の高潮対応のためにも、関西空港で配置や対策を見直すのは当然と言える。さらに乗客らへの情報提供といった孤立後の対応はどうだったのか、空港側の危機管理の態勢が十分だったのかなども点検しなければならない。

 タンカーが連絡橋に衝突した事故についても考えたい。非常に強い台風が近づいていることは分かっていた。もっと安全な場所での停泊をタンカー側に忠告すべきだったのではないか。

 関西空港の2017年の着陸回数は約9万3千回あり羽田、成田両空港に次ぎ3位。17年度の総旅客数は2880万人と過去最高を更新している。格安航空会社(LCC)の就航が多く、訪日外国人観光客を受け入れる拠点だ。航空貨物の貿易額も大きく、長期の閉鎖は許されない。

 全国を見ると、人工島に整備された空港は中部など他にもある。羽田空港のように埋め立て整備された例もある。これら海沿いにある空港が台風21号の高潮レベルに耐えられるのか早急に総点検し、護岸や浸水の対策、施設の配置の変更などできる対策から着手すべきだろう。

 神戸港などの港湾でも高潮の被害が出ている。護岸全体をかさ上げ、強化するには時間がかかる。高潮になっても被害を最小限にとどめ、すぐに復旧できるように施設の整備や配置を見直すことは不可欠だ。

 空港や港湾といった重要インフラは災害への強靱(きょうじん)さが求められる。ハードだけでの備えには限界がある。空港などの事業者は、最悪の事態を想定しながら、早期の事業再開を目指す対応策を絶えず検証し備えを充実すべきだ。

2018年9月6日 無断転載禁止