自民総裁選7日告示、一騎打ちへ 地震対応優先で出陣式中止

 安倍首相(右)と自民党の石破元幹事長=6日

 自民党総裁選は7日午前に告示される。安倍晋三首相=総裁=(63)、石破茂元幹事長(61)の2氏が立候補を届け出て、一騎打ちとなる見通しだ。震度7を観測した北海道の地震対応を優先するため、党総裁選挙管理委員会は6日、7日に予定していた立候補者による所見発表演説会と共同記者会見を10日に延期する方針を決定。両陣営は出陣式を含めた選挙活動を9日まで中止する。次の総裁は20日の投開票で選出される。

 総裁選は議員票(405票)と地方票(同)の計810票で勝敗を決する。地方票は従来300票に固定されていたが、2014年に国会議員票と同数に規定を変えた。

共同通信社 2018年9月6日 無断転載禁止