3D銃所持容疑で再逮捕、名古屋 爆薬製造事件の大学生

 押収された3Dプリンター=7日午後、名古屋・名東署

 爆薬「TATP(過酸化アセトン)」を製造したとして、名古屋市緑区の大学1年の少年(19)が逮捕された事件で、愛知県警は7日、3Dプリンターで製造したとみられる樹脂製の拳銃を所持したとして、銃刀法違反の疑いで少年を再逮捕し、名東署に捜査本部を設置した。

 再逮捕容疑は、8月20日、自宅で拳銃1丁を所持した疑い。

 県警は自宅の捜索で爆薬の材料になる薬品類などと共に、3Dプリンターと拳銃の形をした樹脂の塊を発見。発火装置の一部や銃口などが不完全な状態だったが、鑑定した結果、殺傷能力があることが分かった。

 県警は8月、少年をTATPを製造したとして逮捕していた。

共同通信社 2018年9月7日 無断転載禁止