地震被災地に前線通過、雨の恐れ 土砂災害に引き続き注意呼び掛け

 北海道地震の被災地では8日にかけて前線が通過して大気の状態が不安定になり、大雨になる地域がありそうだ。揺れが大きかった場所では地盤が緩んでおり、気象庁は土砂災害に引き続き注意するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、低気圧から延びる前線の影響で7日は北海道の広い範囲で雨が降った。8日午後6時までの24時間予想雨量は日本海側南部と太平洋側西部で50ミリとなっている。

 前線は10日ごろにかけて西日本から東日本に停滞し、局地的に雷を伴い非常に激しい雨が降る恐れがある。

共同通信社 2018年9月7日 無断転載禁止