野球U18、日本は大会連覇逃す アジア選手権

 台湾戦の4回、2点を失いベンチに戻る吉田=サンマリン宮崎

 野球の18歳以下によるU18アジア選手権第4日は7日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で2次リーグが始まり、2連覇を目指した高校日本代表は台湾に1―3で敗れて決勝進出を逃した。1次リーグで同組だったチームとの対戦成績が持ち越されるため、日本は2敗となり、3位決定戦に回ることが決まった。台湾は2勝。

 日本は藤原(大阪桐蔭)を1番に据えるなど、大きく組み替えた打線が2安打と不発。先発の柿木(大阪桐蔭)に代わった吉田(秋田・金足農)が交代直後の四回に2点を失った。

共同通信社 2018年9月7日 無断転載禁止