大谷、城島抜く最多19号 田中は8回無失点で11勝目

 ホワイトソックス戦の3回、右中間に3試合連続本塁打となる19号3ランを放つエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)

 【シカゴ共同】米大リーグは7日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はシカゴでのホワイトソックス戦に「5番・指名打者」でフル出場し、1―1の三回に19号3ランを放ち、2006年の城島健司(マリナーズ)に並んでいたメジャー1年目の日本選手のシーズン最多本塁打記録を更新した。4打数1安打3打点、1得点2三振で、チームは5―2で勝った。

 ヤンキースの田中はマリナーズ戦に先発し8回を3安打無失点、10三振の好投で11勝目を挙げた。試合は4―0だった。

 ドジャースの前田はロッキーズ戦で4―2の九回途中に6番手で登板し2/3回を無安打無失点、1三振で2セーブ目を挙げた。

共同通信社 2018年9月8日 無断転載禁止