錦織 サーブなど入念に確認

準決勝のジョコビッチ戦に向けて調整する錦織圭=ニューヨーク
 【ニューヨーク=本紙特派員・曽田元気】テニスの四大大会最終戦、全米オープンの男子シングルス準決勝で第21シードの錦織圭(日清食品)が7日(日本時間8日)、第6シードで世界ランキング6位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。4年前の準決勝で勝った後に13連敗中の天敵との一戦に向けて6日(日本時間7日)、練習した。

 男子ジュニアに出場した田島尚輝(TEAM YONEZAWA)と打ち合った後、サーブとリターンを入念に確認した。勝てば、準優勝した2014年以来2度目の決勝進出となる。

 ジョコビッチは元世界1位で、今年のウィンブルドン選手権で優勝した。錦織は同大会の準々決勝で、1-3で敗れており、通算2勝14敗。

 錦織の準決勝は、センターコートのアーサー・アッシュ・スタジアムで、7日午後5時半以降(日本時間8日午前6時半以降)に行われる。

2018年9月8日 無断転載禁止