稀勢の里「いよいよ始まる」 進退の秋場所、土俵祭り

 土俵祭りに臨む稀勢の里。奥は御嶽海=8日、両国国技館

 大相撲秋場所の初日を翌日に控えた8日午前、東京・両国国技館で土俵祭りが行われ、進退が懸かる横綱稀勢の里や大関昇進を目指す関脇御嶽海をはじめとする三役以上の力士、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席して、15日間の安全を祈願した。

 8場所連続休場からの復活を目指す稀勢の里は「いよいよ始まるという感じだ。しっかり準備できた」と引き締まった表情を見せた。

 7月の名古屋場所で初制覇した御嶽海は、5月の夏場所を制した横綱鶴竜と共に土俵祭り後に優勝額贈呈式へ参加。御嶽海は勝負の場所に向け「楽しみだ。前に前に出ていきたい」と意欲を語った。

共同通信社 2018年9月8日 無断転載禁止