国枝、上地が全米車いす決勝へ ダブルスは上地組が制覇

 車いすの部男子シングルスで決勝に進出した国枝慎吾=ニューヨーク(共同) 車いすの部女子シングルスで決勝に進出した上地結衣=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン車いすの部は8日、ニューヨークで行われ、シングルス準決勝で男子第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)がニコラ・パイファー(フランス)に2―6、6―4、7―5で逆転勝ちし、決勝に進んだ。女子で第2シードの上地結衣(エイベックス)は南アフリカ選手を6―1、6―0で退けた。

 女子ダブルス決勝で上地、ディーデ・デフロート(オランダ)組はオランダのペアに6―3、6―4で勝った。上地はジョーダン・ホワイリー(英国)と組んだ2014年大会以来4年ぶりの優勝となった。

共同通信社 2018年9月9日 無断転載禁止