テニス、準優勝のセリーナに罰金 全米OP女子決勝での暴言などで

 女子シングルス決勝 大坂なおみとの対戦中、自分のラケットをたたき壊したセリーナ・ウィリアムズ=ニューヨーク(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープンの主催者は9日、前日の女子シングルス決勝で主審に暴言を吐くなどの行為があったセリーナ・ウィリアムズ(米国)に対し、1万7千ドル(約189万円)の罰金を科した。AP通信が報じた。

 大坂なおみ(日清食品)に敗れたS・ウィリアムズは3度の違反行為があり、主審への暴言で1万ドル、コーチからの助言で4千ドル、ラケットの破壊で3千ドルがペナルティーの内訳。罰金は準優勝の賞金185万ドル(約2億535万円)から引かれる。

共同通信社 2018年9月10日 無断転載禁止