錦織監督 最新作は「高津川」 益田でオーディション

出演希望者に面接する錦織良成監督=益田市元町、益田商工会議所
 島根県出雲市出身の映画監督、錦織良成さん(56)の最新作が「高津川」に決まった。益田市と島根県津和野、吉賀の両町を流れる清流・高津川が舞台で、撮影は今月中に始まる。一般を対象にした出演者オーディションが8日、益田市内であり、県内外から集まった出演希望者が錦織監督を前に演技力をアピールした。

 映画は、錦織監督が8年前から構想を温めてきた高津川流域を舞台にしたもの。石見神楽の要素を入れ、人々の誇りや覚悟を群像劇で描く。配役や上映時期は、年内に開く記者会見で発表するとしている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年9月10日 無断転載禁止