元ビーチバレー選手・浅尾さん子育てを語る 出雲でママふぇす

子育ての楽しさを語る浅尾美和さん=出雲市西新町2丁目、朱鷺会館
 子育て中の家族を対象にしたイベント「ママふぇすin出雲」が8日、島根県出雲市西新町2丁目の朱鷺会館としまね花の郷であった。元プロビーチバレー選手の浅尾美和さん(32)のトークショーをはじめ、紙芝居のパフォーマンスや料理教室など多彩な催しを、市民3500人が楽しんだ。

 現役引退後に結婚し、3歳と1歳の男児の母親である浅尾さんは、優しい子に育つための取り組みとして、「普段の夫婦の会話からも思いやりの心を伝えたい」と話し、自身や夫が日常的に心がけていることを伝えた。

 体形維持や健康のために家事の合間やテレビを見ながらスクワットやかかとの上げ下げ運動をしていることを紹介。「筋肉の6割は下半身にあるので、運動を続ければ疲労感が軽減できる」と呼び掛けた。

 同じく2人の男児を育てる松江市宍道町宍道の主婦、糸川那美さん(40)は「子育てが忙しく運動は諦めていたが、家事の合間にできる運動をやってみたい」と話した。

 山陰中央新報社出雲総局が2015年から毎年開いており、4回目。市内外から約30の企業・団体が協賛し、ちびまる子ちゃんとの撮影会や雑貨、飲食の販売など34コーナーが並んだ。

2018年9月10日 無断転載禁止