野球U18、日本は3位 優勝は韓国

 中国戦の7回を三者凡退で締めた根尾=サンマリン宮崎

 野球の18歳以下によるU18アジア選手権最終日は10日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で3位決定戦が行われ、高校日本代表は中国を14―1の七回コールドゲームで下し、来年韓国で開催予定のU18ワールドカップの出場権を得た。

 日本は同点の二回に日置(東京・日大三)の適時打などで2点を勝ち越し。その後も毎回得点した。一回途中から2番手で登板した柿木(大阪桐蔭)が好救援。七回は根尾(大阪桐蔭)が三者凡退で締めた。

 決勝は延長十回タイブレークの末、韓国が7―5で台湾を下し、2大会ぶり5度目の優勝を果たした。

共同通信社 2018年9月10日 無断転載禁止