モスバーガーで4人食中毒、長野 O121検出

 長野県上田保健所は10日、ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の長野県上田市のフランチャイズ店「モスバーガー アリオ上田店」で食事をした男女4人の便から腸管出血性大腸菌O121が検出され、同店を10日から3日間の営業停止処分にしたと発表した。全員が快方に向かっている。

 県によると、4人は小学生3人を含む10~20代。8月20日に同店を利用してハンバーガーやフライドポテトを食べ、同24日ごろから発熱や下痢などの症状を訴えた。県内の医療機関からの届け出で保健所が調査し、同店での食事が原因と判断した。

 モスフードサービスは「衛生管理を徹底する」としている。

共同通信社 2018年9月10日 無断転載禁止