米朝首脳再会談を調整 金正恩氏が書簡で要請

 トランプ米大統領(左)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(ともにAP=共同)

 【ワシントン共同】サンダース米大統領報道官は10日の記者会見で、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から書簡を受け取ったと発表した。トランプ氏との再会談を要請する内容で、会談実現に向けて既に調整を始めたと説明。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は年内に実施する可能性を示唆した。

 今年6月にシンガポールで開かれた史上初の米朝首脳会談以降、非核化交渉が停滞する中、金氏との再会談に応じる方針を表明することで、金氏に早期の非核化に向けて具体的行動を促す狙いがあるとみられる。

 サンダース氏は書簡は「非常に温かく、前向き」な内容だったと強調した。

共同通信社 2018年9月11日 無断転載禁止