米子・平成最後の献上二十世紀梨 生産者ら丁寧に箱詰め

二十世紀梨を丁寧に紙に包む生産者ら
 天皇・皇后両陛下へ献上する二十世紀梨の選果と引き渡し式が10日、鳥取県米子市別所の別所自治会館であった。生産者らが形や色を厳選し、平成最後となる献上梨を箱に詰めた。

 二十世紀梨の両陛下への献上は、1964年から県が実施。15人が生産に携わる別所地区では2005年以来、13年ぶりとなる。梨はJA鳥取西部別所共同選果場の諸田堯馬場長(74)、樋口博さん(67)、杉村勝美さん(62)が生産した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年9月11日 無断転載禁止