鳥取県内7市町に義援金34万円寄託 本社と社会福祉事業団

福丸泰文取締役(右)から義援金の目録を受け取る藤井秀樹福祉保健部長=鳥取市東町1丁目、鳥取県庁
 山陰中央新報社と山陰中央新報社会福祉事業団が10日、鳥取県を通じ、西日本豪雨で被災した鳥取市など同県内7市町に義援金計34万3352円を寄託した。

 義援金は7月13日から20日間、本社や出先の総局に318件、計3148万7186円が寄せられ、山陰両県で被災状況に応じて配分額を決めた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年9月11日 無断転載禁止