東証続伸、終値は2万2664円 円安を好感、1週間ぶり高値

 11日の東京株式市場は、外国為替相場での円安ドル高を好感する買い注文が入り、日経平均株価(225種)は続伸した。割安感の出ていた電機株などの値上がりが目立ち、1週間ぶりの高値水準で取引を終えた。

 終値は前日比291円60銭高の2万2664円69銭。東証株価指数(TOPIX)は11・30ポイント高の1698・91。出来高は約13億4410万株だった。

共同通信社 2018年9月11日 無断転載禁止