五輪ボランティア参加希望23% 笹川スポーツ財団調査

 笹川スポーツ財団は11日、スポーツボランティアに関する意識調査の結果を発表し、2020年東京五輪のボランティアを「ぜひ行いたい」「できれば行いたい」と回答した人の割合は計23・1%だった。一方、「全く行いたくない」と答えた人が42・9%を占め、「あまり行いたくない」は17・2%だった。

 東京パラリンピックについては「ぜひ行いたい」「できれば行いたい」が計17・7%。調査はことし3月に全国の20~60代の1万人にインターネットで行った。

 大会組織委員会は今月20日以降にボランティアの募集を開始する。組織委が8万人、東京都が3万人を募る。

共同通信社 2018年9月11日 無断転載禁止