地震被害、札幌で墓石倒壊相次ぐ 「余震来たら」不安も

 札幌市清田区の里塚霊園で倒れた墓石=11日午後

 北海道の地震で震度5強に見舞われた札幌市清田区の里塚霊園では、墓石が倒壊するなどの被害が11日までに約2千件確認された。約半分の区画が未調査で、被害規模はさらに拡大するとみられる。住民からは「余震の可能性もあり、いつ直すべきか悩む」との声も上がった。

 運営する市によると、同霊園には2万6千基あまりの墓石が並ぶ。11日までに約1万3千基を調査し、倒壊やその恐れといった被害を2077件確認した。遺骨が野ざらしになったケースもあり、シートをかぶせるなどの応急処置をした。

共同通信社 2018年9月11日 無断転載禁止