成田空港A滑走路、3時間閉鎖 建設反対派使用の飛行弾か

 不発弾らしきものが発見された現場周辺を調べる関係者=13日午前7時46分、成田空港

 13日午前2時半ごろ、成田空港の滑走路の近くで爆発物のようなものが見つかり、2本ある滑走路のうちA滑走路を、午前5時半ごろから閉鎖した。千葉県警などが撤去し、閉鎖から約3時間後の午前8時20分ごろに運用を再開した。

 県警によると、見つかったものは長さ約60センチ、直径約10センチの円柱状の金属で、後部に羽根が付いていた。成田空港建設反対派が使っていた飛行弾の可能性がある。捜査関係者によると、形状などが30年以上前に使われた飛行弾に近く、爆発の危険性は低いとみられる。

 反対派による飛行弾は、2008年3月に最後の使用が確認されている。

共同通信社 2018年9月13日 無断転載禁止